+++ ecru +++

2007年社会保険労務士試験、無事合格いたしました。これからも日々是勉強。

スポンサーサイト

2008.01.29 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

受験後記

2006.08.28 Monday 21:33
だいぶ放置してしまいましたが、無事に受験してきました。
結果は・・・白旗、敗北宣言です。
反省点はたくさんあるけど、ひとまずしばらくは解放感に浸りたいと思います。

来年度の受験については、今のところまだちょっと決めかねています。
この1年、いろんなことを我慢して周りのみんなにもいっぱい迷惑をかけながら
自分なりに頑張ったつもりだけど、
「精一杯やったから後悔はしていません」
と胸を張って言えるかと訊かれれば答えに迷うのが正直な気持ち。
ただ、これを(というか今年はダメだったんだからこれ以上のことを)もう1年
やりきる自信と覚悟、そして今まで以上に迷惑をかけるであろういろんな方々の
理解がないまま安易に再挑戦を決めても結局は同じ失敗のがおちでしょう。
ここで一度気持ちをリセットしてから、今後のことを決めようと思います。

最後になりましたが、今まで見守り、励ましてくださったみなさん。
本当にありがとうございました。
こちらのブログは今後も継続予定ですが、再び「受験日記」となるかどうかは、
神のみぞ知るということで・・・。
2006社労士試験 | comments(0) | -

厚年・4&5

2006.03.25 Saturday 21:17
今週は異動がらみでバタバタしていて、復習だけで精一杯・・・。


午前:厚生年金保険法(4)
・老齢厚生年金(続き)

午後:厚生年金保険法(5)
・障害厚生年金、障害手当金

今日もいろいろと他の法律とのつながりが出てきたけど、雇用との関係が
いちばんちんぷんかんぷんだった。
まずい・・・。

講義のあと、直前講義について先生にアドバイスをいただくことができて、
かなり参考になった。
それと、いろいろ考えたんだけど、勉強のほうはちょこっと中断して急い
で引越しを済ませてしまうことにしました。
最大の理由は、4月からの配属先が予想していたところより通勤に時間が
かかる場所になってしまったので、早く生活環境を整えて勉強に集中でき
るようにしたいと思ったこと。
そして、現在教わっている先生の講義が約1ヶ月遅れの日程(平日夜)で
開講されていて、そちらのスケジュールで調整ができそうだったので。

とりあえず通勤時間は暗記カードや講義音声(重複受講がほとんど不可能
なのでDLフォローを利用しています)を聞きながら勉強しつつ、さっさと
引越しを済ませて再び学校に戻りたいと思います。

さーて、まずは部屋探しから!

2006社労士試験 | comments(0) | -

厚年・2&3

2006.03.18 Saturday 23:00
まずは実力テストの答案返却から。
なぜか自己採点よりもちょっと点数がよかった(なんとか9割)。
終了直前まで悩んだ問題があったので、ギリギリで解答だけ変更して、問題
用紙へのメモは直さなかったのかな。
・・・本番は焦ってマークミス、なんてことがないようにしなければ。

午前:厚生年金保険法(2)
・給付の通則
・老齢厚生年金(65歳以後の老齢厚生年金の途中まで)

テキストの順序とは前後しながら講義が進んでいったので、とにかくついて
いくのに必死だった。
おまけに通則関係は国年と共通する部分も多いのでほとんど説明なし。
決して重要度が低いわけではないので、国年のテキストと比較しながら復習
していかなきゃ。

午後:厚生年金保険法(3)
・老齢厚生年金(65歳未満の老齢厚生年金の途中まで)

家でテキストを眺めているときは法改正&経過措置がちんぷんかんぷん。
また「生年月日」に振り回されるのね・・・。
でも、先生のレジュメと説明で多少は理解する糸口がつかめたかも。
とりあえず焦らずじっくりおさえていこう。

講義の合間に「直前講義」の告知があったので、とりあえずパンフレット
をもらってきた。
勉強の進行状況やスケジュールを考えて、申し込むかどうか考えようっと。

2006社労士試験 | comments(0) | -

厚年・1

2006.03.11 Saturday 21:37
モヤモヤ感を引きずりつつ、午後の講義。

午後:厚生年金保険法(1)
・目的・被保険者
・標準報酬・費用

予想はしてたものの、思った以上に健保や国年との共通点や類似点が続出。
そのたびに「あー、そうそう。わかるわかる。」・・・と自信を持って答え
られない情けない自分。
むしろ「あれ?そうだっけ?言われてみればそうだったような気が・・・」
の連続でした。

これ以上混乱する前に、今日の実力テストの復習をきっちりおさえてから
あらためて厚年の勉強に入らなきゃ。


2006社労士試験 | comments(0) | -

実力テスト・3

2006.03.11 Saturday 21:28
午前:実力テスト<健保・国年>

自己採点の結果だけをみれば、いちおう目標(8割)は達成したものの。
うーん・・・いまいちすっきりしない。

問題を解いている間は全然「手ごたえ」を感じられず、最後の二択で絞り
きれない問題続出。
ここのところ講義の復習だけで精一杯で、問題演習がほとんどできていな
かったのも反省すべき点。

・・・とりあえず、グダグダ言わずに精進します。
2006社労士試験 | comments(0) | -

国年・5

2006.03.04 Saturday 19:12
午前:国民年金法(5)
・遺族基礎年金(続き)
・付加年金、寡婦年金、死亡一時金及び脱退一時金等
・不服申立て、雑則、国民年金基金

いろんな内容が含まれているせいか、テキストのページ数以上に「範囲の
広さ」に負けそうになる。
しかも、なぜか今日はやたらと眠くて、正直かなりやばかった・・・。

今日の講義は午前中のみ。
来週は実力テストもあるし午後はたっぷり自習したかったんだけど、あい
にく空き教室(自習室)がゼロ。
他の校舎に行くことも考えたけど、他の予定もあったので今日はこのまま
早めに帰宅。
用事をすませておうちでゆっくり勉強するつもりだったんだけど、よりに
よってこのタイミングで偏頭痛の波がやってきてしまい、結局ダラダラ。
せっかくの時間もほとんど有効に使えなかった・・・。
2006社労士試験 | comments(2) | -

国年・3&4

2006.02.25 Saturday 23:41
今日は給付の各論に入ります。
とりあえずテキストをさらっと一読して予習してみたものの、生年月日や
日付がいっぱい出てきて、かなり不安・・・。
付箋だらけのテキストを手に、講義スタート☆

午前:国民年金法(3)
・老齢基礎年金

どーっぷり老齢基礎年金のお話。
新法と旧法、さらには国民年金制度が始まる前と、それぞれの期間の話が
あちこちで登場してくるので、なかなか頭の中が整理できない。
先生からは、
「ただ闇雲に覚えようとせず『なぜこの人たちに特例が適用されるのか』
を考えるように」
というお言葉。
特例が出てくるのは、基本的に『国民年金制度が始まった(または法改正
された)ときにすでに一定の年齢に達していた人』が対象になるものが多
いみたいだから、そのあたりに気をつけながら復習していけばいいのかな。
でもってもはや恒例になっている授業の延長(笑)、講義が終わったのは
13:15でした。

午後:国民年金法(4)
・障害基礎年金
・遺族基礎年金(支給要件)

「日付」に振り回された老齢基礎年金に対して、障害基礎年金はいろんな
バージョン(?)があって、また一苦労。
他の科目の話(労災が多かったかな?)もちょこちょこ出てきたので、こ
のあたりは混乱しないようにしっかりおさえなきゃ。
午後の講義は10分遅れで講義が始まったものの17時前にはなんとか終了。
この時点で「早めに終わった」と思っている時点で、すでにだいぶ感覚が
麻痺しているようです(笑)。
講義のあとはノートの整理と先生にいろいろ質問をして、それなりに疑問
が解決したところで帰宅。

帰宅してから、録画しておいたオリンピック中継(フィギュアスケートの
エキシビジョン)を見ながら、久しぶりにおうちで晩酌しちゃいました♪
前に我が家で友だちと鍋パーティーをしたときに飲みきれなかった発泡酒
1本だけですが(笑
2006社労士試験 | comments(0) | -

国年・1&2

2006.02.18 Saturday 23:25
今日から国民年金法に入るんですけど・・・新しい科目の講義に入るたびに
「え!?もう次の科目が始まっちゃうの!?」
と、気持ちだけが妙に焦ってしまうのは私だけなのでしょうか。
平日クラスも週末クラスも講義の進行速度(週2コマ)は基本的に変わらない
はずなんだけど、週末クラスは1日で2コマ進んでいくせいか、始まったかと
思ったらもう終わりって感じがするような・・・。

午前:国民年金法(1)
・総則及び被保険者
・費用(保険料の納付等まで)

ちなみに今日は「講師についてのアンケート」なるものが配布されてまして。
アンケートの中に「時間の長さや配分」についての項目があったのですが、
最近30分延長がすっかり当たり前になっているM先生にとっては耳の痛い項目
のようです(笑)。
ちなみに今日の午前中も、講義が終わったのは13:10。

午後:国民年金法(2)
・費用(続き)
・給付の通則

免除や追納など、午後の講義も盛りだくさん。
通則関係は労災などと共通する部分も多いせいか、かなりハイペースで流した
感じ。
こういう「他の法律と同じ(または似ている)」ところは、その科目のテキスト
もこまめに確認して復習しておかないと。

午後の講義も予定時間を大幅にオーバー。
本当はしっかり自習していこうと思っていたんだけどそんな気力がなく(笑)、
テキストやレジュメへの書き込みの整理を簡単に済ませて帰りました。
2006社労士試験 | comments(2) | -

健保・4&5

2006.02.11 Saturday 23:02
午前:健康保険法(4)
・保険給付(療養費〜傷病手当金)

先生の予告どおり(?)、どっぷり保険給付の話。
特に高額療養費は70歳未満と70歳以上で頭がぐっちゃぐちゃ。
でも、予習のときにはわからなかった金額の謎が解けてよかった(笑。
ちなみに、あまりに盛りだくさんの講義で午前中の講義が終わったときは
すでに13:10(もともとは12:30までの予定です)。
午後の講義は5分遅れでのスタートとなりました。

午後:健康保険法(5)
・保険給付(続き)
・日雇特例被保険者に関する特例
・通則等、不服申立て

勉強が進んでいくにつれ、以前に勉強した科目との関連性がいろいろと
出てくるようになってきた。
健保の勉強をしながら「労災は確か・・・」とか「雇用保険は・・・」とか。
気になったときに他科目のテキストを確認するのを面倒がらずにこまめに
読んでいかなきゃならないのよねぇ。。。
2006社労士試験 | comments(0) | -

健保・2&3

2006.02.04 Saturday 21:30
講義の前に前回の実力テストの答案返却。
結果はやっぱり自己採点どおり(あたり前か)。
そういえば、この答案なんですけど、私が現在教わっている先生は1人ずつ名前
を呼んで返却されるんです。
数年前、同じ学校で別の講座を受けたときは、教室の最前列の机に「あ」行の束、
「か」行の束・・・って感じで置かれていた答案を各自で取りにいくスタイル
だったんですよね。
受講生の人数にもよるのかもしれないけど、今の講座も決して人数が少ないわけ
じゃないので(実際、今の先生はかなり早めに来て答案を返却されるので)先生
(または講座)によってによっていろいろなのかしら?

午前:健康保険法(2)
・被保険者(続き)
・費用の負担

お昼休みは先週の親睦会で知り合ったクラスメイトとお昼ごはん。
考えてみたら、誰かとおしゃべりをしながら休憩時間を過ごすのは初めて。
今まではコンビニで買ったお昼ごはんを黙々と食べるだけだったし・・・。
ほんの小さな変化なんだけど、どうやらちょうどいい息抜きになったみたい。
今まで集中力が途切れがちだった午後の講義も、いつもよりしっかり受けられた
ような気がするし。

午後:健康保険法(3)
・標準報酬
・保険給付(入院時食事療養費まで)

午後の講義は標準報酬がメイン。
このあとの厚生年金でも必要とされる知識らしいので、ここでしっかり押さえて
おかなきゃ。
保険給付については、先生から
「今日は『プロローグ』程度ですが、来週はかなりのボリュームになりますから、
 あらかじめテキストを読んできてくださいね」
とのこと。
最近は復習にかなりの時間をとられて予習まで手がまわらないことが多かったの
で、初心に返ってテキストの「ここがわからない」っていう部分を洗い出してお
こうっと。
2006社労士試験 | comments(3) | -